ハニィドグゥ

埴輪と土偶が作りたくなるフリーペーパー 「ハニィドグゥ」のブログです。 作りたくなった人向けに東京(谷中)にて 土偶&埴輪づくりワークショップも開催しています。 下町の小さなアートギャラリー、アートスペース谷中ジンジャーが主催しています。ギャラリー関連ネタ、店主の雑談など多め。TOKYO, JAPAN

人工知能とWebマガジンをアレしちゃおっかなー⁉️

今日は。

 
パンダ☆ツノ16号です。
 
ツノパンダマニアですてへぺろ
 
しかし
 
その実体は
 
ツノパンダ星の王家に生まれし……
 
 
おっと誰か来たようだ。
 
 
 
 
危うく、
ゆうこりんみたいになるところでした。
 
 
さて、
 
ツノパンダのことばかり考えているので、ネットショップとかが超おろそかで、お店で売れてしまった商品をまだ売っていたり、人にあげてしまった品物をまだ売っていたり、散々です(≧∇≦)
 
近々、ちゃんとします。
 
近々。
 
でも
 
たまに
 
新商品はアップしてるんですね。
 
例えば、これ。
 
 
 
土偶&埴輪ワークショップの合間にちょいちょいっと作ったヘアアクセサリーですてへぺろ
 
まあ、そんなことは
どうでもいいのですが、
 
 
これをネットショップに上げた後
Webマガジンにも載せてるんです。
 
というのが、こちら
 
 
これは、
CartというWebマガジン風ネットショップ宣伝媒体ですが、
 
名前聞いたことない著名人?に有料で自分の商品をお気に入りして紹介してもらえる仕組み(たぶん)で、
 
最初の頃はpeople and store (うろ覚え)とか言う名前だったのが、いつの間にやら#CARTに変わって、
 
しばらくしたらシャレオッツーな雑誌風のページから、ただ商品がダラダラ羅列する感じに変わってしまい、
 
相変わらず僕の知らない著名人たちが増え続けていたり……
 
目まぐるしく変化しまくっています。
 
まるで横綱鶴竜のような変化ですてへぺろ
 
 
でね。
 
せめて雑誌風の体を崩さなければ良かったのですが、
 
といってもまあ雑誌風なのはページレイアウトだけでしたが、
 
独自の記事があるわけでなしって感じだったので、雑誌風レイアウトはこだわるところではなかったのでしょうね。
 
 
 
いや、雑誌風にこだわりましょうよ!
 
 
 
で、
 
思ったんですよ。
 
 
人工知能とか使って、読者の好みの商品を集めてきて、それらを繋ぐステキな紹介文(記事)を書いてくれるシステムを作ればいいじゃん!
 
て。
 
 
て言うか、自分でつくろ!
 
 
て。
 
 
 
なので、
 
 
人工知能記事生成システムを構築すべく、まずは東大を目指して苦手の英語を克服するために、基礎英語を聞きはじめました。講師ではレイチェルがお気に入りですてへぺろ
 
でもでも、
 
もうすでに、siriとか使って、人工知能と普通に(?)会話ができる時代ですし、雑誌記事書くくらいいと容易な気がします。
 
数年後には、
あなたの読んでいる雑誌の記事は、コンピューターが適当に作り出した文章かもしれませんよ(๑◔‿◔๑)♪
 
 
て言うか、ゆうこりんがツノパンダオススメしてくれればいいのに……